脱毛サロンの光脱毛で痛みを感じやすい部位と痛みを抑える対策法!

      2020/07/25

光脱毛の痛みを表現する時に「輪ゴムで弾く程度の痛み」と例えられますが、脱毛する部位によっては、さらに強い痛みを感じることもあります。

初めて脱毛を受ける人からすれば、身体のどの部位が強い痛みを感じるのか気になりますし、その痛みを和らげる方法があるなら知りたいと思うのが普通です。

そこで光脱毛で痛みを感じやすい部位と、その痛みを抑える対策法について解説します。

>>シースリー(C3)の公式サイトはコチラ

光脱毛の施術時に痛みを感じやすい部位とは?

脱毛時に痛みを感じやすい部位とは?

痛みの感じ方には個人差がありますが「皮膚が薄くて柔らかい箇所」と「骨に近い箇所」、「毛が太い箇所」が痛みを強く感じやすい傾向にあります。

具体的な部位として、

  • ワキ
  • 鼻下
  • うなじ
  • Vライン
  • Iライン
  • 足の甲と指

が特に痛みを感じやすい部位です。

ワキ

一番最初にムダ毛が気になるのがワキの下です。自己処理を含め、一番脱毛をする部位です。ワキの下は皮膚が薄くて柔らかい上に、毛も太く、脱毛範囲も広いので、痛みを感じやすいです。

痛み:★★★☆☆

鼻下

鼻下は神経に近く痛みを感じやすい部位です。顔全体で考えた場合、鼻下が一番痛みが強いかもしれません(特に真ん中部分)。

痛み:★★★★☆

うなじ

うなじは脱毛範囲も広く、痛みを感じやすい部位です。髪をゴムで引っ掛けた時に強い痛みを感じた経験のある人は多いはずです。

痛み:★★★☆☆

Vライン

Vラインは、特に皮膚が薄く、日常で刺激を受けにくいデリケートな部位なので、痛みを感じやすいです。特にVラインの両サイドは痛みを感じる人が多いです。

※恥ずかしさによるストレスで、いつもより痛みを感じてしまうこともあります。

痛み:★★★★★

Iライン

Vラインと同じく、皮膚が薄く、日常で刺激を受けにくいデリケートな部位なので、痛みを感じやすいです。中心部分に近づくほど、痛みを感じやすくなります。

※恥ずかしさによるストレスで、いつもより痛みを感じてしまうこともあります。

痛み:★★★★★

膝は皮膚が薄い上に骨に近く、脂肪が少ないので、痛みがダイレクトに伝わります。特に、膝頭(ひざがしら)は痛みを感じやすいです。

痛み:★★★★☆

足の甲と指

脱毛範囲は小さいですが、足の甲と指も皮膚が薄い上に、骨に近く、筋肉も脂肪もないので、痛みを感じやすい部位です。指の毛は意外にしっかりと生えているので、ピリッとした痛みを感じます。

痛み:★★★☆☆

光脱毛の施術時に痛みを和らげる対策法とは?

脱毛時に痛みを和らげる対策法とは?

少しでも痛みを抑えるための対策法をご紹介します。あくまで軽減であって、完全無痛ではありません。

無痛ではないと聞いて、恐怖を感じる人もいますが、私の周りで、脱毛の痛みが耐えられずに施術が中止になった知り合いはいません。必要以上に、気にしないようにしてください。気にしすぎることで、痛みに過敏になるケースもあります。

【痛みを抑える対策.1】生理前後や体調不良の時は施術を避ける

生理前後や体調不良の時に脱毛を受けると、通常よりも痛みを強く感じることがあります。必要以上に痛い思いをしないように、生理前後や体調不良の時は脱毛を避けることをオススメします。

【痛みを抑える対策.2】施術前後はしっかりと冷却する(クールダウン)

施術前後はしっかりと冷却するようにしてください。施術時の痛みや施術後の炎症などを抑えることができます。

【痛みを抑える対策.3】脱毛箇所を十分に保湿する

乾燥しているお肌で施術を受けると痛みを感じやすくなります。脱毛する部位の保湿は、事前にしっかりと行うようにしてください。

【痛みを抑える対策.4】施術前の日焼け対策

日焼けしている状態で脱毛すると、脱毛マシンの光が肌の黒い部分に反応し、いつもよりも強い痛みを感じやすくなります。日焼けし過ぎると施術自体が受けれなくなりますので、ご注意ください。

【痛みを抑える対策.5】事前にスタッフさんに相談する

痛みに不安がある人は、施術前にサロンのスタッフさんに相談してみましょう。事前に相談しておくと、脱毛マシンの光の出力を調整しながら、施術してくれます。

さらに痛みを軽減するためのアドバイスもしてくれるので、その指示には従うようにしてください。痛い時は素直に痛いと伝えて問題ありません。下手に我慢しないようにしてください。

【痛みを抑える対策.6】睡眠をしっかりと取る

施術の前日はしっかりと睡眠を取り、できるだけリラックスした状態で施術を受けられるようにしてください。リラックスするだけで痛みの感じ方が変わってきます。

【痛みを抑える対策.7】カフェインは飲まない

当日はカフェインが含まれているコーヒーなどの飲料は飲まないようにしましょう。カフェインは神経を過敏にし痛みを感じやすくします。

毎回、施術時に痛みがある?回数を重ねれば痛みは少なくなる?

毎回、施術時に痛みがある!

特に痛みがあるのは、初回から3回目ぐらいまでです。それ以降は毛も細くなっていくので、痛みは少なくなります。

最初の数回は我慢するようにしてください。シースリーは最新の脱毛マシンを使用しているので、一昔前と比較すると、かなり痛みはマシになっています。

脱毛時の痛みが強い方が効果ある?

ムダ毛が濃いほど、メラニン色素が強く、光脱毛の光に強く反応します。つまり、痛みを感じるのは、ムダ毛に光が反応している証明であり、しっかりと脱毛効果を得られている可能性が高いです。

痛み止めの薬はNG?

シースリーでは、生理痛を抑えるピルを飲んでいても施術可能ですが、脱毛の痛みを抑える薬を服用する場合(例えばロキソニンなど)、事前にシースリーのスタッフさんに確認するようにしてください。確認せずに施術を受け、体調不良を起こしても自己責任です。

シースリーでは、脱毛時に麻酔を受けれる?

受けれません。麻酔ができるのは、レーザー脱毛やニードル(針)脱毛といった医療脱毛だけです。シースリーの光脱毛は、レーザーやニードルほど、強い痛みは感じません。

 

以上です。

光脱毛の施術は残念ながら、完全無痛ではありません。レーザー脱毛やニードル(針)脱毛より痛みは少ないですが、多少の痛みの我慢は必要です。ですが、上記の痛みを和らげる対策法を意識するだけでも、痛みの軽減につながります。

痛みに不安のある人は、ぜひ上記の対策法を試してみてください。

>>シースリー(C3)の公式サイトはコチラ

シースリー(C3)の最新キャンペーン情報

現在、シースリーは、9ヶ月間0円のキャンペーン中です!脱毛が完了するまで期間や回数は無制限で、満足するまで何度でも脱毛を受けることができます!

今ならホームケア脱毛機「DR.ELLEMISS zero」もしくはリゾートホテルペア宿泊のどちらかを全員にプレゼント

今、プレミアム全身脱毛コースを申し込むと、

  • ホームケア脱毛機「DR.ELLEMISS zero」
  • リゾートホテルペア宿泊

どちらかが全員にプレゼントされます。商品が無くなり次第終了しますので、お早めに申し込むようにしてください。

このお得な機会をお見逃しないようにしてください!

>>シースリー(C3)の公式サイトはコチラ


 - 脱毛について

無料カウンセリングの予約はコチラ
無料カウンセリングの予約はコチラ